消費者金融を利用することで遅延をしてしまったり、お金に関するトラブルを起こしてしまったりした場合、ブラックリスト入りしてしまうとよく言われています。ブラックリストに載るとは一体どのような状態なのでしょうか。

ブラックリストというものは存在しない

まず大前提になりますが、消費者金融を利用したり返済を延滞したりすることでブラックリスト入りすることはありません。そもそも、そのようなブラックリスト自体が存在しないのです。

もちろん問題行動を起こしてしまった場合は、その消費者金融で要注意人物とマークされて利用できなくなることはありますが、そうなってしまっても、他社で借り入れできる可能性は十分にあります。

ブラックリストと呼ばれているものは、正確に言えば異動情報と呼ばれているものです。

この異動情報は、個人信用情報機関が持っているもので、過去にどのようなローンを利用したのか、そしてそこで返済は問題なく行われたのかという情報が記載されています。登録される情報は有限なので一定期間が経過するとなくなりますが、審査の際に異動情報を参照して問題があると判断されたら、その時点でお金を借りられなくなってしまうのです。

異動情報自体は複数の信用情報機関で管理されています。それぞれの情報機関によって保存される情報にも違いがあり、管理される情報機関もバラバラです。そのため過去に問題を起こしたことがあるなら、最長で保管される年数で考えるようにしてください。

このページの先頭へ